2018/06/07

5月の日々 ②

病院に行ってきた
雨の日

行きは
怖い
帰りは
よいよい

道端の
草たちを
激写しながら
歩く
ひめじょおん

うずらの
目玉焼き
みたい
名前は知らない
けど
かわいい
雨に濡れた
葉々

水滴が
きれい
茂っている
知らない
道を
通ってみよう
階段にも
草が
茂っている
ここにも
ひめじょおん

道草を
たくさん
いただきました
駅前の
ペコちゃん

ゴルフも
できるのかな

すごいな
夕ご飯
アスパラ
豚バラ
えのき
バター炒め
野菜
たっぷりの
インスタント味噌汁

お湯を
注いだら
驚くほどに
野菜が増えた
大豆もやしの
ナムル

おいしかったです
平日の
深夜の
ファミレス夕食

私は
からあげ定食
夫は
ミッドナイト・ブレックファースト

ベランダ農園が
始まる
季節です
バジルちゃん
「手間のいらない」
と謳っていた
トマトちゃん
伏見甘長
ハラペーニョ

食べたい…
夫が
種から
芽吹かせた
エゴマたち
ちっちゃい

でも
これから
大きくなってくるでしょう

元気に
育ちますように
日テレ前の
大時計
からくり時計で
時間になると
動くそう

この近くで働いて
9年目になるけど
未だに
からくりが動くところを
見ていない

いつか
見てみたい
渋谷に来た
ついでに
寄ってみる
留学してた学校

駅前の喧噪とは
かけ離れた
静かな
土曜日の
キャンパス
木漏れ日
きれい
ここにも
時計
策に囲われてて
ちょっと
悲しい
こどもの樹
店先にあった
バラ
ウィリアムモリスで
伊津野津野果地さんの展示
「使者たち」を見る

船首像を
イメージした
作品が
印象深かった

不思議な物語を
秘めていそう
展示を見てから
楽しんだ
珈琲とチーズケーキ

楽しくて
ホッとする
時間でした
網代幸介さんの
『Огонёк』(アガニョーク)展
SUNNY BOY BOOKS

ローランサンが
好きなので
ナターシャも
ローランサンが好きだと聞いて
嬉しかった

晩年の
ナターシャの
部屋を
パチリ

すてきだぁ
またまた
深夜の
ファミレス

健康への
後ろめたさを
サラダで
ごまかす

おいしかったです
なんこつも
体に
いいんだって

味も
いい
義父母さまの
お家に
お邪魔した日

くるみちゃんが
寝転んでる
アトムも
くつろいでいる

かわいい
お二方
です
宅配ピザをいただく

二人だと
あまり頼まない
宅配ピザ

わいわいと
楽しく
おいしかった
しみず美容室

レトロな感じが
好き
咲き誇る
バラ

ぽつねんとした
古い家を
守ってくれている
ようだった




そんな
5月中旬の
日々でした





楽しい一日をお過ごしください。


2018/05/30

5月の日々 ①


5月の
終わりに
振り返ってみる
5月の
日々
 お昼を盛大に食べた日の
夕ご飯は
雑炊で
さらさらと

卵一個
入れるのが
ポイント
です 
休日の
餃子スープ

 冷凍餃子と
切った野菜を
茹でるだけ

簡単
おいしい
キュウリと
ともに 
どアップ

ごま油と胡椒をかけて
いただきました
ベランダの鉢に植える
苗を求めて
ホームセンターへ
手間のいらないトマト苗
半信半疑で
購入

その他
バジル
唐辛子2種
(伏見甘長とハラペーニョ)
購入

食べる気満々の
チョイス

豊作だと
いいな 
南京亭の
チンジャオロース 
茄子と肉の
味噌炒め

おいしい、おいしい 
ラーメンと… 
チャーハンも
一緒に

特別なものは
 何も入ってないのに
とても
おいしい
チャーハンでした
夫の
出張土産
はがき 
本を
くれた
いろいろな
ものの
描き方
載っている
へぇ~!
思いながら
ずっと
見ちゃう

どうも
ありがとう 
マジパン

かわいくて
まだ
開けてない
カントゥチーニ

堅くて
おいしい
イタリアのお菓子
出張中に
はがきも
出してくれた

リリエンタールのはがき
きれい
切手も
消印も
かわいいなぁ
カントゥチーニ
コーヒーを
一服
アーモンドと
オレンジピールが入っていた

甘くて
香ばしい
コーヒーと共に

幸せな
ティータイムでした
トッポッキ
作って
お昼に
しましょう
辛さを
和らげてくれる
ゆで卵を
添えて
餃子も
どうぞ

羽を作りたかったけど
火加減が
あまかった
きゅうりもあるよ

おいしく
食べました
室内の
小さな植木鉢に
小さな花を
植える

折れた花房を
ガラスのカップに
浮かべてみた

心地よい
5月の上旬の日々でした



楽しい一日をお過ごしください